パンフォーカス表現

デジタル一眼レフカメラを用いて、風景撮影に望んだ際に、マクロ撮影とは違い、ファインダー内に入ってくる風景の全てを鮮明に切り取りたいときがあると思います。 そのようなときに用いるのがパンフォーカスという手法です。被写界深度は手前が浅く奥に広いといわれています。この論理を利用するわけですが、シャープに移したい範囲を考え、その距離を3分割し、自分のいる位置から3分の1あたりの位置にピントを合わせるのです。 そうすると全体的にピントが合っているようなシャープな画像を得ることが出来ます。 この手法を一般的にパンフォーカスと呼んでいます。 この手法は主に広角レンズが得意としています。

絞りが全開でも最小絞りであっても被写界深度が比較的広い範囲をカバーするからです。 逆に、望遠レンズは被写界深度がとても浅いため、パンフォーカスの手法を用いるには、ピント位置にとても気をつける必要が出てきます。この自分のいる位置からピントの位置とする目標物までの距離感がとても難しいです。 これは、風景において水平方向に見ているときもそうですが、大木や空の写真などで上方を向いているときも同じことが言えます。






 保険を考えることは、一家のリスクを考えどう立ち向かうのか考えることです。簡単とは思えないのです。JA共済など、生命保険だけでなく様々な共済種類があります。各共済の内容も対象も考え方も随分と違うものです。こんな変わった共済について選ぶは苦労します。-

生命保険の知識を得ることで適切な生命保険を失敗せず選ぶことができるようになるのです。生命保険では保険相談も可能です。必要なのは保険ショップで生命保険相談。しっかりと考えて保険のことを決めましょう。保険選びは安易にできるものではありません、-