三脚の使い方

風景撮影においては、フィルム一眼レフカメラもデジタル一眼レフカメラも、同じように三脚を使用するケースが多くなります。 それは手振れを抑えることが大前提によりますが、なるべく低感度のフィルムや設定を行ってシャープな風景写真を撮影したいからです。三脚は大きくて重いほどしっかりしており、それだけカメラをしっかりと支えてくれます。 しかし風景撮影においてはフットワークも重要になるため、あまり大きくて重すぎる三脚は逆に撮影の負担となってしまいます。 まずはカメラの重量と自分の体力を考えて最適なサイズの三脚を準備する必要があります。三脚を使用する際にも、きちんと使用しないとカメラぶれなどを起こしてしまい、三脚を使用している意味がなくなってしまいます。

良く見かけるのが、三脚の脚を全て広げないで使用しているケースです。 場所の制限が合って広げられないのであれば仕方がないのですが、広い風景写真を撮影する際に三脚の脚を広げないのでは三脚を使用している意味がなくなってしまいます。 またカメラの傾き具合も非常に重要で、常にファインダーとカメラ自体を肉眼で確認しながら水平を出すように注意が必要になります。






生命保険や医療保険老後を安心するための保険のことを自分から学びましょう。気がつかなかったことが随分あるのではないでしょうか。生命保険や医療保険そして定期付終身保険や共済そして変額年金や変額保険と様々です。入口として保険マンモスで相談してみましょう。-

ちゃんと考えて最終的に保険を選びましょう。それが重要です。簡単に決めずに保険の見直しをやってみましょう。自分の年齢性別等により保険の条件や保険料は違います。生命保険見直しは肝要です。-